リアkira☆女子コラムみんなは知ってる?風俗とキャバクラの違い

今から夜のお仕事を始めようとしている女性へ。皆さんは風俗とキャバクラの違いを明確に答えることが出来ますか?
ほとんどの人はお仕事内容などの誰でも知っている内容なら答えることができると思いますが、給料体系の違い・営業時間・雇用形態など答えられない方が多いのではないでしょうか。

今回は風俗とキャバクラのお仕事の違いを細かく書いていきます。
色んなお店がありますので間違いのない知識を身につけていただき、自分に合うお店を見つけてくださいね。

同じようで全く違う職種!

「夜のお店、高収入のお仕事、ナイトワーク」等、色んな呼び方があり、何がどう違うのかわかりませんよね。
しかし風俗とキャバクラに共通して言えることは、どの呼び方をしても風俗とキャバクラのことを指すと把握していてください。気軽にお友達などに『今、夜のお店探してるんだけど、紹介してくれない?』と言うと、風俗とキャバクラの2つをまとめて言ってることになり、本当に紹介して欲しいお店じゃない所を紹介される事もあるので注意が必要です。
では違いはどこにあるのでしょうか?

風俗とキャバクラの違いは?

一番大きな違いはお仕事内容にあります。

まず簡単に説明します。
キャバクラのお仕事はお酒を飲みながらお客様を接客しますが、風俗は一滴もお酒を飲みません。
むしろ飲んだら怒られることもあります。そしてサービス内容も大きく違います。

詳しく解説!

では初めにサービス内容から説明します。

サービス内容

キャバクラ
お客様が過剰に体を触ったり、服を脱がすような行為は一切禁止です。
楽しくお酒を飲みながら一緒にお喋りをしたり、ストレス社会で頑張っているお客様の愚痴のはけ口になってあげたり、たまにはその席を大いに盛り上げてあげたりとその場その場でお客様の求めていることは違いますので、そのお客様に合わせた接客をするのがキャバクラです。

風俗
お客様への接客は基本的に1対1です。そしてキャバクラでは禁止のお触りなどはOKの代わりに、女の子が嫌がるような乱暴な行為などは固く禁止されています。接客はラブホテルやお客様のご自宅、ビジネスホテルなど様々ですが、一緒にお風呂に入って体を洗ってあげたり女性の体を駆使してお客様の欲を満たすような内容です。

ざっとサービス内容の違いを書きましたが内容についてはご理解いただけましたでしょうか?次に勤務時間帯について書いていきます。

営業時間

キャバクラ
お店のOPENが20時か21時のところが多く閉店は25時がベースです。お客様の入店状況で26時〜27時まで開けることもありますが、法律的には25時までが原則です。ですので女性も21時から25時の約4時間の勤務が基本です。

風俗
お店によって営業時間がバラバラなのが風俗です。朝の6時から開いているお店もありますし、お昼前から開くお店やお昼過ぎに開くお店、夕方から開くお店や夜に開くお店など、お店のコンセプトによって変わってきます。

営業時間については、風俗の方が融通利きますね。キャバクラのように夜の勤務ですと次の日がお仕事だったり朝から予定がある時は、寝る時間を削るか働くのを諦めるかしかありません。その反面、風俗では自分の予定に合わせた働き方ができます。

雇用形態
続きまして雇用形態についてですが、ここは同じです。
どちらも「個人事業主」の扱いとなり、お店と「業務委託契約」を交わしています。

どういうことかと言いますと、お店に雇用されるアルバイトや正社員とは違い、確定申告などの税金関係は自分で手続きしたり、社会保険なども自分たちで加入しないといけません。
少し面倒な手続きが必要です。しかし中にはそのような申告や加入をしていない方もいらっしゃいます。
むしろしていない方がほとんどです。理解すればそんなに難しいことではありませんので、気になる方はお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

お給料
次に説明するのはお給料についてです。 風俗やキャバクラは主に副業でもできますからお金のことも大事ですよね。

キャバクラ
キャバクラの給料体系は時給+バックで計算されることが多く、時給の相場はローカルなキャバクラで2000円〜3000円、少し良いお店に行くと3000円〜5000円、高級店だと4000円〜何万円です。時給の判断基準は、「容姿」「実績」「出勤日数」で、お店によって異なります。「出勤日数」はおまけ程度ですが、未経験の場合は参考にされることもあります。
そしてバックについてです。バックというのが「指名バック」「ボトルバック」「ドリンクバック」「同伴バック」と様々あります。

指名バック
キャバクラの指名には2通りあり、「本指名(A指名)」「場内指名(B指名)」があります。本指名は、お客様がお店に入る際に『◯◯ちゃん指名で!』と入店前に指名してくれた場合を意味します。
また、本指名ではない方を「フリー(フリーのお客様)」と呼びますが、フリーのお客様の場合は女性が3回転(3人の女性が入れ替わりでお客様につくこと)します。3回転する中で気に入った女性がいれば、その場で指名することができます。指名すれば回転はストップし、残りの時間をその女性と楽しむという仕組みです。この指名のことを場内指名といいます。
本指名と場内指名でそれぞれバックの金額が決まっており、その本数を月間で競いあったりします。その本数が多かった女性はお店で表彰されたりと良い待遇を受けられます。

ボトルバック
ボトルバックとは指名してくれているお客様がボトルを下ろした時に発生するバックのことです。ボトルバックは%で設定されているのでボトルの値段に比例し、日当に直接影響します。ボトルの値段もお店によって異なりますが、10,000円〜100,000円を超えるボトルもあります。

ドリンクバック
ドリンクバックはボトルバックと似ています。しかし値段が低いので、たくさん飲まないと大きな金額には届きません。ドリンクバックは基本的に安いお店に多い傾向があります。

同伴バック
同伴とはお客様と一緒に出勤(来店)することです。キャバクラでは「月に何回同伴してね」というノルマがあるお店もあり、達成しなければペナルティが発生する場合があります。イベント期間はこのノルマが適用される場合が多いです。同伴をすると、そのまま本指名で席に着くので必然的に同伴バックと本指名バックがもらえ、一石二鳥です。

このように、キャバクラでは時給とバックでお給料が計算されます。
バースデーやイベントでたくさん指名をいただき、各テーブルにシャンパンの注文があれば、お給料はかなり期待できますね。現実的にありえるお話です。

風俗
風俗の給料体系はコースの時間によって金額が変わります。
例えば60分10,000円、75分12,000円、80分13,500円などです。ただし、これは働く女性全員が必ず一緒のバックというわけではありません。先月に指名されたポイントで今月のバックが決まります。例えば先月に総指名数が10本の人と100本の人では、同じ60分でも10本の人は7,000円、100本の人は16,000円となるわけです。

60分のコースに3本つくと
指名数10本の人は1本7000円×3本なので=21000円
指名数100本の人は1本16000円×3本なので=48000円
と大きな差が生まれます。

指名の種類も2通りあり、本指名とパネル指名があります。本指名は先ほどキャバクラでの説明とほぼ同じで、目当ての女性が既にいる場合は本指名となります。
パネル指名は目当ての女性がおらず、お客様がお店に来店されスタッフと一緒に女性を決めた場合です。
また、お店に受付がない場合はネットで女性を見て決めます。この場合はネット指名といいます。
この指名の本数をどれだけ積み重ねられるかで、今後の稼ぎが大きく変わってきます。

このように、風俗では完全歩合制で指名本数によって自分の稼ぎが大きく変わってきます。そしてお客様と1対1なので、目の前のお客様にその時間は精一杯向き合い、自分なりの接客をすることができます。

迷ったときは?

恐らく高収入のお仕事を探している方はお金を第1にお考えだと思います。
しかしキャバクラも風俗も店舗がありすぎます。これではどこがいいか決めきれず、探すことに疲れてしまいそうですよね。そのような方にいつも言うのは「どちらも1度体験してみてはいかがですか?」です。
いくらHPや口コミばかり見ていてもわからないことばかりです。さらにネット情報はキャバクラのスタッフはキャバクラを良く書きますし、風俗のスタッフは風俗を良く書きます。ですので確かな情報はネットにはないのです。
では何を信じれば良いの?となるかもしれませんが、「自分の目で見たもの、肌で感じたもの」を信じれば良いです。
人が言っていることはその人が見たことや感じたことであって、自分が見たものや感じたものとは違います。ということは最終的に信じられるのは自分です。

決めるポイント
お仕事を決めるポイントとしては、目先の給料じゃなく環境や待遇面、HPの情報を全て鵜呑みにせず1度確認をすることです。特に保証を出しているお店は面接に来ないと答えられないと言います。
それは女性を見て条件を変えるからです。キャバクラは仕方ないですが・・。
キャバクラは店舗の求人ページが充実していないので、URLを貼ることができませんが、風俗の求人ページは充実しているので見る価値ありです。何かご不明な点がある場合は何なりとお申しつけくださいませ。
迅速に対応いたします。

<< リアkira☆女子コラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム