リアkira☆女子コラムバツイチシングルマザーがしっかり稼げる高収入業界のしくみ

バツイチシングルマザーの家庭が貧困に苦しむ理由

今回は、シングルマザーの生活にスポットを当ててみたいと思います。
結婚し子供を産み幸せな家庭を築き、子供が小さい方は子育ての為に専業主婦をされていた方がほとんどだと思います。
しかし、様々な理由があり、つらい思いをし離婚されることになり今を迎える。という方にご覧いただいているのではないでしょうか。
仕事を探すにも子供を理由に「普通のアルバイトすら採用されない」というお話は、シングルマザーの方からよくご相談いただきます。
現在、シングルマザーの家庭の中では貧困率が6割を超えていると、厚生労働省が発表しております。
その結果の二次的な問題で子供に接する時間が減っている、ということなのです。これをふまえた上でそれでは離婚せずに我慢し続けることが正解なのか?というとそれも違いますよね。
子供が大きくなり独り立ちをするまで何年我慢しなければいけないのか?ということを考えなくてはいけませんから。
では、何が正解なのか?これに皆さん頭を悩ませているのではないかと思います。答えは単純で、あなたが稼げるようになればいいんです!
「それができないんじゃないか」という声も聞こえてきそうですが…。
もちろんその気持ちも分かります。子供が小さく、保育所や小学校に通っている方から朝は9時や10時からあいているのですが、16時や17時には家に帰らないといけないんです。と良く聞きます。
そしたらこの時間を使いましょう。そこしかないのだから…。残業もできないでしょうし子供との時間を大切にし母親としての仕事も確実におこなってください。じゃあ何するの?
と、なると思うのですが、ここをご覧の方ならある程度お気づきでしょうが答えは高収入ワークです。結局かよ!と思われていると思いますが、このコラムは最後まで読んでみて私にお時間をください。

 

お昼の時間を使って高収入ワークで都合よく稼ぐ

お昼にあいたこの7.8時間を使って他のお仕事でいくら稼げますか?時給1000円でも1日8000円までです。これを月に20日で計算すると、16万円ということになります 。税金など保険も引かれて手取りは14万円くらいですね。
生活は何とかなるでしょう。それでは子供が熱を出したり体調を崩した日は?保育所や学校の行事などの日はどうされますか?休ませてもらえたとしても、時給が発生しないので結局取り分が無いですよね。もちろん風俗でもお金は発生しません。
しかし1日あたりの日当なんて、20日間を仮に最初の7.8時間働いて稼げる額が16万ではないので、ダメージとしてはそんなに無い感じだ、とおもってもらえばいいかと思います。
だいたい稼ぎとしては少なくとも50万は稼げますので、さらっと高額を言いましたが本当ですからね。繁忙期はもっとお給料が高額になっていきます。
ただ、子供が急に熱を出したり、学校や保育所の行事に参加しなくてはいけない、などのどうしようも無い理由で休まなきゃいけない時には、正直に理由を電話などで伝えましょう。
それに対して、えー!!無理無理!なんてコトを言っちゃうスタッフがいる店は早くやめてしまいましょう。
風俗業界は物を売っているわけではないので、あなたのお休みは正直お店側には売上のダメージで言えば結構大きいものなんです。
しかし、それを「無理」という言葉を飲み込んで「わかりました」この一言が言える心の広いスタッフがいるお店の方が、次の出勤時にがんばろうとちゃんと思えますよね。
全てが人間で成り立つ業界なので、信頼関係がとても大切なんです。女性に信頼していただけるようにスタッフ側の教育としてはしっかりしておりますので、ご安心ください。
人間性のしっかりした店舗スタッフを採用していますので働きやすさには自信があります。
しかし、これは言い換えると甘さになる部分もあります。これを利用して自分の気分で出勤したり休んだりする女性にはならないようにしてくださいね笑

 

選択肢は風俗だけではない!

やっぱり風俗なんて…と皆さんが思っているコトはわかっています。経験の無い方は特に不安ですよね。偏見をお持ちということもこちらは理解しております。
別に、身内の方やものすごくお子様に理解のある企業様を知っているのであればそこでお勤めすることをオススメしますが、そんな企業がいくつありますか?
また、お給料のことも保証してくれる職場がありますか?
確かに長い勤続年数があり、その職場で絶対的な役職者であれば話は変わるかもしれませんが、そんな限られた環境にたどりつくことができた方はこのページを見てないのではないか?と断言します。
風俗ではあなたの生活の面倒まで見てくれます。
お金をくれるというわけではないですよ。あなたの稼ぎが、お店の売上に直結するのこともあります。
お互いの利害があるので、今月どうですか?などの心配もしてくれますし、真面目に出勤しているのにまったく稼げないことになってくればお店としてあなたをプッシュしてくれて選ばれやすい環境を作ってくれるようになってきます。
お昼のお仕事も風俗やキャバクラを含むナイトワーク系の高収入のお仕事にも関わったことのある私ですが、こんなにシングルマザーに理解のある職場はなかなか無いと思いますし、上手く使わない手は無いといえます。
普通のパートで月に10万円ほどのお給料で、もし子供に新しいお道具箱とかなにか学校等で必要になったときにどうされますか?現状ではお下がりを探して回るお母さんもいらっしゃいます。
中学や高校に上がり、学校のクラブの遠征費などがかかってきた場合は諦めさせるのですか?子供にそのような思いをさせないように今だけちょっとがんばってみませんか?
やはりそれは仕事ですから、つらいことも絶対何かしらあるとは思います。しかしそれは、風俗だからではありません。業種は関係なく、どんなお仕事にも苦難はつきものです。
お金の量と我慢の量が比例すればいいですが、我慢の量だけが多い一般のお仕事もあります。またお金の心配がなくなることによって8割方の心配事は解決されるのです。
また、この話をすると若いシングルマザーによく言われるのが昼キャバです。比較対象としてはわかります。しかしこれこそ、何のために働くのだろう。と本気で思います。
本気で稼げると思いますか?この質問をしたいです。時給も平均して1700円ほどです。労働時間は平均4時間ほど。それにホステス税に雑費も引かれて、いくら持って帰れると思いますか?
1日の稼ぎが5000円ほどなのです。安すぎると思いませんか?我慢の量とお給料が比例しないいい例になります。
身内の方が子供を見てくれて夜のキャバクラをするなら環境次第にはなりますが、いいかと思います。短い時間でしっかり稼ぐにはもってこいのお仕事ですし。
しかし問題は勤務できるのがお昼限定というところです。もし上がり時間の少し前に来られたお客様に指名に延長で飲まされ続けた場合、お酒に酔った状態で子供を迎えに行くことになってしまいます。
基本的にお昼のキャバクラは送りも迎えもありません。お迎えがある方は遅れてしまいますしね。帰って子供に「ママ、クサイ!」なんて言われるんですよ。幼稚園や保育所にお迎えに行くときに先生や周りのママ友にも凄く冷たい目で見られるでしょうね。あなたは大丈夫でもお子さんは本当に大丈夫ですか?
あと、キャバクラはどんな理由であれ、遅刻や早退に対して罰金をしっかり取られてしまいます。このような高収入系のお仕事を選ぶときは誰の為に何の為に働くのか、ということを明確にお考えください。
風俗に関してもそうです。働く理由が無いなら働く必要は無いと思います。ただ、シングルマザーで生活を安定させるには風俗が一番だと思っているのも事実です。
矛盾しているようでしていないんですよ。風俗はいつまでもできる仕事でもないことも事実です。
お店をころころ変えて辞めたり入ったりするのではなく、「一気に働いてお金を貯めて早く辞める」これが一番ベストな方法です。継続が一番大切なことだというお話はまた別の機会に…笑

 

経済的に余裕のある暮らし

今のことを一番に考えて風俗を今すべきと言っているわけではありません。親の収入による進学率の差というものが東京大学の政策研究センターから出ております。
かなり残酷なデータですが、年収200万円以下の家庭の大学進学率は28.2%、400万円以下で43.9%、600万円以下で49.4%、800万円以下で54.8%、1,000万円以上で62%と数字が出ております。
経営困難な私立大学が多くなってきているので、これからの時代は変化してくるかもしれませんが、現状で言えば少子化の影響もあり2007年頃から、大学は全入の時代になってきています。
進学に関して言えば私も借りていましたが奨学金等もあるので、本人次第と思われている方も多いかと思いますが、塾や予備校に通う経済力が伴っていない状況で進学という結果だけを子供に求めるのは酷なものです。
先に述べたように、保育所や学校で子供が使うものをお古で手に入れてという悩みもそうですし、経済的に余裕があると子供にも心の余裕ができるのです。
大学への進学が人生の全てかというと絶対に違います。しかし子供の選択肢を親の経済的な事情で狭めてしまうのはなんだか悲しい話になりますよね。なので、今シングルマザーには風俗をオススメしたいのです。
もちろん年齢によって稼げる額の上限も変わってきます。時間は巻き戻せません。一番若い今のあなたをお待ちしております。
10年後よりも今です。もっと細かいお話をお聞きになりたい方は問い合わせフォームよりお待ちしております。お話だけでももちろん大丈夫ですし、お仕事の相談から目標とすべき貯金の額まで細かくご提案させていただきます。

<< リアkira☆女子コラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム