風俗おしごとコラム期待膨らむOLの新生活と副業という現実

OLの皆さん、4月から親元を離れ一人暮らしをするための準備が大変だったのではないでしょうか?
新社会人、新生活と楽しいことばかりでワクワクしてしまいますよね!
もちろん期待が膨らむと同時に不安な面がある方もいらっしゃると思います。
新生活をおくる為に必要な家具を揃えたりと出費が嵩むことによって、懐は寂しくなっていませんか?
さすがに一度実家を出て、またすぐに出戻るのは格好がつきませんよね…
その対策として女性の4人に1人がしている副業をご紹介いたします。
これからの日々を充実させたい!と思う方は是非最後まで目を通してくださいね!

一人暮らしをするにあたって最低限必要な費用って?

 

最低限、一人暮らしに必要な費用は引越し費用、初期費用、家電製品、生活用品があげられます。

引越し費用
引越会社を利用する費用で相場5万円
自分の車で運ぶと費用は抑えることができる

初期費用
・1ヶ月分の費用:引っ越してからの初月の家賃
・敷金:部屋を退去する時に原状回復する為の費用(原状回復にかかった費用を差し引いた分が返ってきます)相場 家賃1~2ヶ月分
・礼金:大家さんに対してお礼の意味の費用(返金されることはありません)相場 家賃1ヶ月分
・共益費:賃貸マンションや賃貸アパートなどの集合住宅の建物に使われる費用
・仲介手数料:不動産会社に支払う費用で相場 家賃1ヶ月+税
・火災保険:火災を起こしたときの原状回復費用
・鍵交換:セキュリティの為に以前の鍵と違う鍵に取り替える費用
これらの費用が必要です。
※最近では敷金礼金ゼロゼロ物件などがあり初期費用を抑えることが可能ですが、それには理由があります。
その他一時金などで費用を求められる、物件に人気がない、かなり築年数が古い、怪しい人が住んでいるということがあげられています。
敷金礼金がゼロで良い物件を見つけることは至難の業です。
家電製品
炊飯器、洗濯機、掃除機、電子レンジ、冷蔵庫、テレビなど
※費用を抑えたい方は家電つきの賃貸や家電セットの販売などを利用
生活用品
ベッド、テーブル、カーテンなどその他生活で必要なもの

わかりやすく家賃6万円の物件費用を相場でまとめてみると
引越し代:5万円
初期費用:27万6800円
家電製品:8万3000円
生活用品:2万9000円
雑費:3万円

・内訳
引越し代:5万円
初月家賃:6万円
敷金:6万円
礼金:6万円
仲介手数料:6万4800円
火災保険:2万円
鍵交換:1万2000円
テレビ:2万円
冷蔵庫:2万円
洗濯機:3万円
掃除機:3000円
電子レンジ:5000円
炊飯器:5000円
ベッド:2万円
カーテン:4000円
テーブル:5000円
その他雑費:3万円
トータル:46万8800円

 

いかがでしょうか?もっと家賃を低くしたり、揃える物を最低価格で購入すると費用を抑えることが可能ですが、想像以上にお金がかかってしまう…とほとんどの皆さんが思ったのではないでしょうか?
せっかく学生時代に汗水垂らして頑張って働いたお金も、かなり減ってしまいますよね…
社会人になったらお給料も良いし!と思っているあなたへ。
大卒の初任給の平均は20万3400円!手取りにすると16万7000円前後です。
もしかすると学生時代にアルバイトで稼いでいたお金の方が多い方もいますよね。
手取りがこんなに減ってしまうのは額面給与から雇用保険、健康保険、厚生年金、住民税、所得税と引かれてしまうお金があるからです。

そこで話題を戻しますが、新生活の出費の相場は毎月の家賃6万円、携帯代8000円、光熱費8000円、食費4万円で考えると11万6000円、奨学金の返済がある方はもう少し支払いが多くなります。
自由に使えるお金が5万円程度ということです。友達と遊んだり趣味や美容などに費やせるお金が正直残りの金額で満足と言えますか?お洒落なお店でのランチや旅行、ヘアカラーやネイル、マツエクや脱毛とやりたいことはたくさんありませんか?

実際、日本では女性の4人に1人が副業をしているという現実です。
本業のお給料だけでは生活が苦しい、貯金ができない、自由に遊べるお金がないと呟く人がこんなにもいるということですよね。
でも…副業って?どんな副業があるの?投資?ネットビジネス?全く何をしたら良いのかわからないという方が多いのです。

そこで確実に高収入を得ることができるナイトワークがOLの女性に1番人気があります。
水商売?風俗?どちらが本業とのダブルワークに合っているのか…それは風俗なんです!
なぜなら、風俗バイトは高収入・自由出勤・毎日がお給料日・女子力が上がる・自由な時間が増える!
それだけでなく、1日数時間働くだけで数万円という大きなお金を簡単に稼ぐことができるからです。

振り返ってみてください。勤務後や休日に空いている時間はありませんか?無駄にしている時間はありませんか?
月に数回働くだけで本業のお給料を超える女性がたくさんいます。
え、キャバクラやクラブなどの水商売の方が人気なんじゃないの?稼げるんじゃないの?と思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん副業で水商売を選ぶ方もいらっしゃいます。

テレビで見るような華やかな世界で輝きたい!…輝けます。しかし輝くには常に努力をしていかなければなりません。常に良い接客を追求し、人一倍美容に気をつけて生活をするということです。
そして週3日の固定出勤、お酒を飲む、厳しいノルマがある、同伴・アフター、帰宅が深夜になる…。
たくさん自由な時間があるフリーターや大学生なら両立できるかもしれませんね。
果たして本業が優先のあなたに水商売は向いているのでしょうか?

しかし、風俗が人気です!とお伝えしても不安に思うところもありますよね。
よく耳にする風俗のデメリットとしては、性病にかかるリスクが高くなる、肉体的・精神的な負担が大きい、金銭感覚がおかしくなる、身バレしてしまうのではないか?です。
正直にお答えいたしますが、全て可能性が0というわけではありません。
今、『こんな不安を抱えて働くのはしんどい』と思いませんでしたか?
風俗で働くにあたって1つ、2つ、気をつけて意識するだけでその不安が解消されます。
それは全て、働き先の店舗であなたの人生が大きく左右されるからです。

重要ポイント1
業種選択
・デリヘル、箱ヘル、ホテヘル
・性感エステ
・オナクラ、セクキャバ
などがあります。

重要ポイント2
優良店のポイント
・営業許可を得ているのか
・性病対策はしているのか
・料金設定はどうか(高い・低い)
・福利厚生は充実しているのか
・アリバイ対策やお店の身バレへの配慮はどうか
などがあります。

とても重要なポイントを2つ記載させていただきました。
業種選択、優良店ポイント共に最後に「などがあります。」と記載させていただいた理由がおわかりでしょうか?
他にも重要なことがあるからです。

一歩踏み出してみませんか?

正直、業界未経験の方はネットの情報だけでは不安…どのサイトが本当の事を書いているの?と思う方がほとんどです。
しかし、前半でもご説明させていただいたように、OL勤務のお給料だけで、せっかくの期待が膨らむ新生活を充実させることができるか?というところですよね。
業界未経験だから…副業したことがないから…病気になったらどうしよう…そのような不安を一歩踏み出して勇気にかえてみませんか?
踏み出したいけどどんなお仕事があるの?と気になっているあなたへ簡単に説明させていただきます。


風俗店にはいろいろ種類がある!
「デリバリーヘルス」
デリヘルとも呼ばれています。無店舗型なのでお客様はお店に来店されません。お客様はお店に電話で予約し、予約が入るとお店の車で指定されたホテルやご自宅へ向かいます。本番行為以外の性的サービスをおこないます。
「ホテルヘルス」
ホテヘルとも呼ばれています。お客様はお店に来店され受付で女性を選びます。予約が入ると、お客様とお店から近いホテルへ入り、本番行為以外の性的サービスをおこないます。サービス内容はデリバリーヘルスと同じです。
「箱ヘル」
お客様はお店に来店され受付で女性を選びます。そのまま店舗の部屋の中で本番行為以外の性的サービスをおこないます。サービス内容はデリバリーヘルス、ホテルヘルスと同じです。
「性感エステ」
デリバリー型とホテル型があります。ヘルスとの内容の違いは粘膜接触がありません。また、全裸になりません。エステをしてから、短時間の性的サービス(リップサービスやハンドサービス)のみなので比較的働きやすい業種です。
「ソフトサービス」
性感エステもソフトサービスですが、違いはオプションを自分で選べることです。そのため自分のできる範囲で働けるので心身ともに負担は軽減されます。

簡単に業種を説明させていただきましたが、直接やりとりさせていただくことにより、あなたの気になるお仕事のメリット・デメリットをもっと詳しくご説明することができます。
私はあなたにとっての最高のお店選び、不安やストレスが無く働けるお店を提案することがお仕事です。
ちょっとした質問だけでも結構ですのでお気軽に下記のフォームへお問い合わせくださいね!お待ちしております!

<< 風俗おしごとコラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム