リアkira☆女子コラム1週間!休暇が取れたときの海外キラキラハワイ女子旅行!

ハワイで楽しむ贅沢プラン

一週間の長期休暇を取得できた場合、どこに旅行に行こうかと考えますか?
一週間もあればよっぽどではない限りだいたいのエリアに旅行できるかと思います。
今回オススメするのはインスタ映え最高のエリア、ハワイです!
ありきたり…、と感じているあなた。
確かにありきたりかもしれません。
しかし、ヨーロッパやアメリカ本土も凄くいいところではあるのですが、行くにしてもフライトにかかる時間もそうですし、移動時間が余りに長すぎるのです。例えば、イタリアに行ってフランスも行くとしたら、2時間超のフライトです。(ミラノからパリ間)
もちろん日本からいくので、ダイレクトで14時間超、トランジット込みで24時間弱。時間ばかりかかりますよね。
日本で例えるなら沖縄に行って北海道もいかなきゃいけない位のレベルなのです。恐らく移動時間をパンパンに詰め込んで、遊びを減らせばかなうかもしれません。
しかし、それでは満足できないですよね。ベテランの海外旅行者なら話は変わりますが…笑
そこで今回はハワイを猛プッシュさせていただきます。

ハワイのメリット
マリンレジャーはもちろん、お買い物、観光、クラブやバーなどのナイトレジャーもあります。そして海外旅行で1番心配な、気をつけていてもどうにもできない治安も落ち着いてきていて、安心して遊べるところもメリットです!
それでは最高のスポットを見て行きましょう!

周りの友達と差をつけるハワイのインスタ映えスポット!

カラカウア通り

ハワイといえばやっぱりここでしょう。

名前を聞いて「ん?どこだ??」と思われている方もいるでしょうが、テレビなどで芸能人たちが歩いている一番のメイン通りで、ワイキキビーチ沿いの通りの名前です。
ブランド物を買いに行くにはここが便利です。確かに他のエリアにもブランド品のお店があるのですが、ここでほとんどが買い揃えられ、女子の大好きな免税店なども豊富なのでわざわざ他のエリアに行く必要性がありません。
ここではルイヴィトンが日本の30パーセントオフくらいで購入できます。
この通りにはハイブランドのお店も立ち並び、有名なアラモアナショッピングセンターがあるので、困ることはないでしょう。
お勧めはゴディバのチョコレートシェイクです。暑い中飲みながら歩くと涼しく感じられて凄くオススメです。
少し位置がずれますが、この通り沿いには動物園と水族館があります。しかし正直パスしてかまわないと思います。
ハワイに住んでも10年に1回行かないだろうなと思うクオリティーです。と、いうより暑いので動物のやる気が一切ありません。笑
動物園などに行くくらいなら少し離れたシーライフパークがオススメです。
ここには自然に産まれた、ここにしかいないイルカとクジラのミックス種のウォルフィンという動物がいます。また景色もいいので、インスタ映えする撮影スポットが盛り沢山です!
では、旅行雑誌にも書いてありそうな情報はこのあたりで終わりにして、行ったからこそわかるガイドにもあまり書いていない情報をお伝えいたします。

マニアック編

コーヒー
ハワイのお土産で、コナコーヒーをもらったことがある人や実際に買ったことがある方は多いでしょう。しかし今回オススメさせていただくのはカウコーヒーです。
あまり細かくコーヒーのことを私はわからないのですが、素人の私でもしっかりわかるくらい、フルーティーでさっぱりしていて飲みやすいコーヒーです。コナコーヒーも美味しいですが、こちらも負けずに美味しいので違いのわかる女子としてお1ついかがですか??

古着屋さん
また別でオススメなのが古着屋さんです。
ここで古着はいいのがあれば買ってみても良いかもしれませんが、目的は古着じゃありません。
ここに何をしにいくのかといえば、ハワイのナンバープレートを探しに行くのです。
日本では有り得ないシステムなのですが、アメリカでは使い終わったナンバープレートが売っています。古着屋さんで売っていると教えてもらい知ったのですが、なぜか雑貨屋さんなどでは見つけることができませんでした。これはアメリカ本土でも同じで、なぜか古着屋さんで販売されていました。そしてこのナンバープレートなのですが、番号によって値段が違います。そんなに高いものでもなく、数ドルなのですが、この差は何なんだろう?と考えさせられます。笑
なぜナンバープレートがオススメなのかというと、虹が描かれていたり、フラダンスを踊る女性が描かれていたりと、単純にアメリカのナンバープレートがオシャレだからです。
帰国後お部屋に1枚おいているだけで女子力アップアイテムで、雰囲気が変わりますよ!
この中で、ご自身の記念日やお誕生日など探してみるのも楽しいですよ!お友達の誕生日のナンバープレートを探してお土産にするのもオシャレだと思いませんか?
私は何店舗か古着屋をめぐりましたが、行ったお店はどこもとんでもない数のナンバープレートがあったので、欲しい数字のナンバープレートの発見率も高いかと思います。
私は適当に何枚か買ってきて実家に飾っています。笑

マカダミアナッツチョコの代わりに
ハワイの一番手軽なお土産として、マカダミアナッツが人気でした。しかし、それに変わる、ここ数年ですでに有名となった物があるのはご存知でしょうか?最近の人気はホノルル・クッキー・カンパニーのパイナップル型がトレードマークのショートブレッド・クッキーです!歴史的には1998年に創業で、元々、地元のハワイアンたちに人気のお菓子でしたが、ここ数年お土産用として観光客にも大人気のお土産になりました。
見た目もマカダミアナッツのチョコレートよりもオシャレでしょ?

ホームレス
数に関していえばニューヨークなどの大都市の方が多いのですが、割合だけの話で言えばアメリカトップクラスの数字です。しかし観光客がホームレスに気がつくことはあまりないでしょう。なぜならワイキキビーチにある無料のシャワーを浴びているので石鹸の香りがしていたり、洗濯も簡単にできるので、安物ではありますが小綺麗なTシャツに短パンにサンダルを身にまとっています。夜のビーチ沿いで寝ていたりバス停で携帯を触っていると、ホームレスには見えません。この数年で急増しているワケは物価がアメリカトップクラスの高さでありながら、最低賃金がトップレベルで安いためです。また、ハワイは暖かいので凍死する心配がないからです。彼らとも直接話してみたのですが、ホームレス自体が事件を起こすことは本当に稀なようです。しかし、彼らのうちのほとんどが、薬物にて人生を狂わせてしまった方ばかりです。見た目ではわかりにくいホームレスに気をつけるのは難しいですが、薬物がらみの事件は後を絶たないため、警戒は常にしておきましょう。
私も「どうだ?」と覚せい剤をすすめられて怖い思いをしたことがあります。興味本位で近付いて、変なことに巻き込まれないように気をつけましょう。

神社
マイナーポイントとして昔から、私はハワイ通ぶってハワイにも「出雲大社があるんだよ!」的なコトを言っていましたが、テレビで何回か取り上げられているので、ご存知の方もいるかもしれません。ハワイの神社の狛犬(こまいぬ)は首にレイ(お花の輪)を巻いていてかわいらしいです。
それに加えて、香川県の金刀比羅神社(こんぴらじんじゃ)に福岡県の太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)や愛媛県の石鎚神社(いしづちじんじゃ)も、実はハワイに分社が存在しまう。金刀比羅神社と太宰府天満宮は同じところにあり、石鎚神社には英語版のおみくじもあり「大吉」は「excellent」(エクセレント)でした。笑
出雲大社の斜め前には道教寺院(どうきょうじいん)と言う中国のお寺の分院があり、これが、赤や緑で中国らしいカラーリングしているので、凄くわかりやすいです。
ちなみに出雲大社は縁結びの神様として有名ですが、ハワイでももちろん同じご利益があり、そのパワーは島根県の出雲大社の2倍の効果が期待されるといわれています。
ハワイに女子旅行をして、恋愛成就効果でかっこいい彼氏も見つかれば最高ですよね♪

長期で休める場合のプラン

もし長期でハワイにいけるなら。。。
憧れのような話ですが、これが可能なのであればホノルル空港のある中心地のオアフ島から、別の島に行って見ましょう。別の島に向かうにあたって問題なのが、経済面です。治安は女子にも安全なレベルですが、物価が高くなります。
特にオアフ島より、他の島の方がホテル代が高くなります。それはホテルのある場所が完全にリゾート地として開発されていているためです。しかし島にはそれぞれ良いところがありますので、見ていきましょう。

カウアイ島
一番北に位置し、6つの島の中では一番古い島がカウアイ島です。私が実際に訪れた時のカウアイ島の印象としては、「緑が濃い!」という感じです。自然のエネルギーが強くて、緑も元気に感じるのでしょうね。
カウアイ島の各町の規模はとても小さいので、必要な食料など最低限のものを揃える程度だと思ってください。
ここでは、自然に癒され、島からもらうパワーでエネルギーチャージができます。それゆえ、適度な自然アクティビティと、ホテルで何もしない贅沢を求める方にぴったりです。

モロカイ島
モロカイ島は、本当に何もない島です。そして、一番ユニークな体験ができるのも、モロカイ島と言えるでしょう。島内の住人は、ほとんどお互いが顔見知りで、人口が少ないんです。
レストランなども早く閉まりますし、ホテル数も少なく、観光客も少ないので、ワイキキがハワイだと思っている人にとっては、衝撃の島です。
名物的な物は何にもないのですが、本来のハワイのポリネシア文化がまだ残っていて、本物のハワイアンがいる島です。とても深い歴史があり、私たちが知っている「ハワイ」が誤った解釈をされていることに気付かされます。人が少ない分、ここでの出会いは強烈で、とっても心温かい人が多いです。

ラナイ島
ラナイ島も田舎で何もない島ですが、高級リゾート地なので、何もしない贅沢な体験を求めている人に向いています。というのも、少し車を走らせれば、誰もいないビーチで完全なるプライベートで海を独り占めできる点もラナイ島の魅力だからです。ラナイ島は、オアフ島やマウイ島と比較し訪れる人の数が本当に限られています。
ラナイ島は、人ごみを避けて静かに、ゆっくりと、そして贅沢に過ごすのに向いている島といえます。この島は少し前ですが、小栗旬さんと山田優さんが挙式をされたことで有名です。

マウイ島
ここは私の一番のオススメでもあるのですが、ハワイ州の中で2番目に人口が多く、都会化されている町も点在しています。一方で、その町と町の間をつなぐ道路沿いは、ほとんど何にもなく、一気に田舎となり大自然の中を車で走ることができます。
マウイ島では町だけではなく自然も楽しめます。大自然の中に滝があるハナや、朝日を拝むことのできるハレアカラ国立公園など、壮大な自然が広がっています。
バランス良く大自然と都会を求めている人に、ぴったりなのがマウイ島ですね。

ハワイ島(ビッグ・アイランド)
一番新しい島で、島の面積も一番大きく、現在も活動する火山を抱えているのがハワイ島です。荒々しいむき出しの自然や、スケールの大きい景色など、なんでも「ビッグ」に思えるでしょう。
夜の溶岩を見るツアー、ハワイアンにとっての富士山「マウナケア」山頂での朝日、マンタと一緒に泳ぐシュノーケリングにダイビング、秘境の滝に行くトレッキング、乗馬などなど、アクティビティが盛りだくさんです。
「冒険の島」ですので、スケールの大きい大自然に触れてみたい方に、ぴったりの島です。

※2018年5月時点で、キラウエア火山が噴火し、近隣の国立公園は全面立ち入り禁止となっております。なお、噴石のサイズが最大で軽自動車サイズといわれていますので、お気をつけください。

ハワイにはあらたな発見がいっぱい!

ハワイへは一週間前後のツアーなどが各旅行会社から組まれておりますが、正直それだけでは表面的な部分のみしか知ることができません。
様々な国へ旅行したことがありますが、海外旅行初心者から大ベテランまでしっかり満足させてくれるエリアなので、皆さんハワイを色々散策してみてはいかがでしょうか?

<< リアkira☆女子コラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム