大阪 稼げるエリア特集道頓堀どうとんぼり

大阪ミナミといえば道頓堀!まず真っ先にグリコの看板を思い浮かべる人が多数なのではないでしょうか。難波駅から心斎橋筋商店街に続く道中にある道頓堀川沿いの繁華街全域を道頓堀といい、平日の日中でも関係なく観光客やカップルで埋め尽くされています。2004年~2007年にかけて戎橋周辺の改修工事が行われ、道頓堀川沿いにも遊歩道ができ、戎橋の形状も変わりグリコ看板前に記念撮影で殺到する観光客にも優しいエリアに変貌しました。くいだおれビルやかに道楽など大阪の名物飲食店が軒を連ねているので、忘年会新年会シーズンもかなりの人が集まります。

道頓堀付近のお店を探す

道頓堀へのアクセス

なんば・日本橋から徒歩3分。ミナミのグルメが集結した街

なんば
徒歩3
道頓堀
徒歩3
日本橋

道頓堀ピックアップ情報

■グリコ看板

グリコの看板

大阪の風物詩といえば!グリコの看板を全国探しても知らない方はいないのではないでしょうか。インパクトのある看板の前は、観光客にも人気の観光スポットです。この看板前の戎橋は、平日でも連日20万人以上・土日祝日になると平均でも35万人もの人が訪れています。また、戎橋とその周辺のリニューアルによって今では戎橋の上からだけでなく川沿いからもゆったりと観光することができるようになりました。さらに、看板の周りでは街頭インタビューやテレビ番組の撮影も頻繁に行われています。

■かに道楽

かに道楽

グリコの看板もインパクトは強いですが、このかに道楽の看板も密かに人気の観光スポットとなっています。蟹と言われると高級なイメージを抱きがちですが、ランチだと2,000円前後で色々なかに料理が食べられます。ディナータイムでも5,000円未満のコースもあるので一度飲み会を我慢する程度で蟹のフルコースが堪能できますよ。また、道頓堀には本店・中店・東店と狭いエリアに3店舗ものかに道楽があるので、予約なしでもいずれかに入ることが可能です。たまの贅沢に大阪らしさを満喫するのはいかがでしょう。

■くいだおれビル

くいだおれビル

中座くいだおれビルの象徴といえばくいだおれ人形(くいだおれ太郎)です。1階表玄関に立っている人形が出迎えてくれ、記念撮影に訪れる観光客も多数!!お土産コーナーも併設されています。観光で訪れた際には是非グリコのお土産や大阪の個性的なお土産を買われてみてはいかかでしょうか。ただし、くいだおれ太郎は時折出張に出ており不在な事もありますのでご注意ください(笑)なお、くいだおれ人形が有名になりすぎて忘れられがちですが、お寿司や居酒屋、串かつやたこ焼きといった大阪名物からリーズナブルなファミリーレストランまで、様々な飲食店の複合施設がくいだおれビルです。

■戎橋

戎橋(ひっかけばし)

大阪の有名な観光スポットのひとつ。大阪の風景を代表するグリコの看板などがあり、立ち止まり写真撮る観光客の絶えない場所。「ひっかけ橋」という通称を持ち、その名の通り昔からナンパをする男性が多いエリアでもあります。2007年に改修工事が行われ、橋の中腹が広くなったため写真撮影も容易にできるようになりました。また、優勝時のタイガースファンやワールドカップの時など戎橋から飛び込む姿は全国テレビで毎回放送され有名となっていますが、最近では厳戒態勢も強化されてますので少なくなりました。

■たこ焼き

大阪といえば、たこ焼き。わりとリーズナブルなお値段で買えるのが魅力です。小粒でカリッとしたおつまみ系、大粒でトロッとあつあつのガッツリ系など、お店によって異なる魅力があります。味もしょうゆ、塩、ポン酢、マヨネーズなどなど選べます。

■H&M戎橋店

H&M戎橋店は、H&Mの関西初の店舗として、2010年にオープン。商業ビル「Luz心斎橋」の1F~3Fに出店しています。若い女性を中心として、男性や子どもでにぎわうアパレルショップとなっています。4F~7Fには飲食店などもあり、ショッピングに最適。

道頓堀近隣のナイトスポット

道頓堀付近のお店を探す

<< 大阪稼げるエリア特集に戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム