大阪 稼げるエリア特集茨木いばらき

北摂は豊能郡と三島郡の旧郡域に基づいて、豊能地域と三島地域という2つの地域から構成され、茨木市・吹田市・高槻市・摂津市・島本町の4市1町が三島地域に含まれます。北摂や北大阪と聞くと、なんとなく「寒い」「廃れている」などマイナスイメージを持たれがちですが、茨木市は大阪市と京都市の中間に位置する大阪府のベッドタウン。市内にはJR線・阪急線・モノレールを有し、大阪万博の際にはJR茨木駅前にバスターミナルが整備され発展した地なのです。同駅前の東口側には繁華街が広がっており、スナック・ガールズバー・キャバクラなどがあります。また、デリヘルを中心に風俗店も多数集まっているので、お仕事帰りのサラリーマンにとっての癒しと憩いの場となっています。
ちなみに「いばらぎ」は誤読で、正しくは「いばらき」です。

茨木付近のお店を探す

茨木へのアクセス

大阪からも京都からも行き来しやすいのも魅力の1つ。

大阪
JR 東海道本線12
茨木
JR 東海道本線22
京都

茨木ピックアップ情報

■総持寺(そうじじ)

総持寺

千手観音を御本尊とする寺院で、木造千手観音立像が亀の背に乗っていることで有名。総持寺では先祖供養の他にもペット供養も行われており、近隣県からも足を運ぶ人がいるほど。また、西日本の各寺院が協力して霊場を設立し、ぼけ封じ観音が祀られています。毎年秋にはぼけ封じ大法要が行われ、全国各地から多くの人々が祈願に訪れます。

■太田茶臼山古墳(おおだちゃうすやまこふん)

太田茶臼山古墳

茨木市の北部・太田にある前方後円墳で、全長226m、後円部径138mの古墳時代中期の古墳。諸説ありますが、継体天皇(けいたいてんのう)の陵と言われています。歴史的スポットとして、海外からも観光に訪れる人が多い地です。

■茨木市立キリシタン遺物史料館

茨木市立キリシタン遺物史料館

下音羽(しもおとわ)と共に隠れキリシタンの里として知られる千提寺(せんだいじ)地区にある史料館。「マリア十五玄義図(じゅうごげんぎず)」、「キリスト磔刑像(たっけいぞう)」など、多くのキリシタン遺物が展示されています。
開館時間は9時30分~17時(月曜日は12時まで)、休館日は火曜日(祝日の場合は開館)と祝日の翌日(日曜の場合は開館)、年末年始です。入館料は無料となっており、史料館のすぐ下に無料駐車場があるため車での来館も可能。

■辯天宗夏祭奉納花火大会(べんてんしゅう)

毎年8月初旬頃に行われる夏祭りのラストを飾る花火大会。その昔、丸善石油の社長が天宗宗祖と茨木市民に花火を楽しんでもらおうと奉納したことが始まりと言われています。夜空を彩る3000発の打ち上げ花火と特大のスターマインに、茨木市民のみならず関西の多くの人々が魅了されています。

■イオンモール茨木

JR茨木駅より徒歩約10分に位置する大型商業施設。1階にはコメダ珈琲、サーティワンアイスクリーム、スターバックスコーヒー、すき家などフード系専門店が多く入っており、平日は主婦の憩いの場として、休日は多くの家族連れで賑わいます。最上階の4階にはイオンシネマがあり、カップルのデートスポットとしても人気。7階建ての立体駐車場を併設しており、車での利用も便利です。

茨木付近のお店を探す

<< 大阪稼げるエリア特集に戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム