滋賀 稼げるエリア特集雄琴おごと

おごと温泉で知られており、都会の喧騒から少し離れて琵琶湖を悠然と眺めながら過ごせるエリアとして人気のスポットです。京都・大阪からも電車で通うことができ、北陸からも気軽に足を運べるということで多数の観光客で賑わっています。また、関西では兵庫の新開地・福原に次いで2番目の規模を誇るソープでもあり、温泉→ソープのプランを楽しみに来る男性客も多いのが特徴。世界文化遺産にも登録された延暦寺(えんりゃくじ)とも近いため、日本文化を楽しみに来る外国人客も多く訪れる地です。

雄琴付近のお店を探す

雄琴へのアクセス

大阪から京都で乗り換え1回で行ける人気の温泉地。

大阪(梅田)
JR 東海道本線29
京都
JR 湖西線20
雄琴

雄琴ピックアップ情報

■雄琴温泉(おごとおんせん)

雄琴温泉

京都・比叡山(ひえいざん)から一番近いアルカリ温泉として知られる「雄琴温泉」は比叡山の伝教大師(でんぎょうだいし)「最澄(さいちょう)」によって開かれ、大正時代から本格的な温泉地として現在にまで至ります。ph値9.0という高いアルカリ性単純温泉で、この高いアルカリ性によってお肌の角質を溶かし、入浴後つるつるすべすべの肌を実感することができる「美肌の湯」として女性の間でも知られています。また刺激が少ないので、敏感肌の方も安心して入れる温泉です。なお、地元観光協会などでは平仮名表記の「おごと温泉」を標榜しています。

■おごと温泉納涼花火大会

おごと温泉納涼花火大会

おごと温泉港一帯で、毎年開催されるおごと温泉納涼花火大会は約1200発の花火が打ちあがり、温泉から眺めることができる花火として知られています。打ち上げ場所から観覧場所が近く、琵琶湖の湖面に映る色とりどりの花火を間近で楽しむことができる花火大会です。温泉街から近いということもあり、日帰り温泉や食事を楽しむことができるので、夏の暑い時期、花火とともにほっとしたひとときを過ごしたい方にオススメ。会場までのアクセスはJRおごと温泉駅から徒歩20分程度です。

■ピエリ守山

ピエリ守山

ピエリ守山は日本一の大きさの琵琶湖のそばにあるショッピングモール。2014年12月にリニューアルオープンした真新しい店舗です。ピエリ守山の近くには琵琶湖を横断する琵琶湖大橋が架けられています。数多くのファッション店やグルメ・フード店を中心として、150もの店舗が入居しています。店内には絵画ギャラリーやピエリサウルスという遊戯施設もあります。マスコットキャラクターのアユちゃんやナズマ館長が、訪れるお客様を出迎えてくれます。

■琵琶湖博物館

琵琶湖博物館

琵琶湖博物館は琵琶湖のほとりの烏丸半島にあり、歴史や動物について学ぶことのできる施設。A展示室では琵琶湖がどのようにできたのか、その過程を知ることができます。B展示室は琵琶湖が人にどう利用されてきたかの展示。C展示室は琵琶湖で暮らしてきた人々についての展示。水族企画展示室では、琵琶湖の貴重な自然環境を学べるだけでなく、実際に生きている様々な淡水魚の展示を見ることができます。屋外には水生植物公園が整備されているなど、見どころ満載です。

■日吉大社(ひよしたいしゃ)

比叡山の麓に位置する日吉大社は、2100年の歴史をもつ、全国に数千ある日吉・日枝・山王神社の総本宮。方除け・厄除け・縁結びなどのご利益を求めて、参拝客が訪れます。紅葉の名所としても親しまれており、11月中旬になると3000本もの紅葉を楽しむことができます。社務所付近で飼育されている2匹の猿に会えたらラッキーかも。

■延暦寺(えんりゃくじ)

最澄により創建された比叡山延暦寺。信長により焼き討ちされ、秀吉や家康により再建されました。建造物としてはユネスコの世界遺産にも登録されています。高野山金剛峯寺と並ぶ、日本の仏教の中心ともいえるでしょう。山全体が寺域となり、西塔、東塔、横川と3エリアに分けられます。時間をかけて回りたいものです。

雄琴近隣のナイトスポット

雄琴付近のお店を探す

<< 大阪稼げるエリア特集に戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム