大阪 稼げるエリア特集新世界しんせかい

天王寺難波の間に位置し、通天閣を中心とした繁華街全域が新世界と呼ばれている大阪を代表する観光&飲み屋街です。新世界はパリを模して開発されたため、通天閣から放射状に道が伸びています。街並み自体は昭和の古きよき風貌を残しており、串かつやふぐなど大阪名物のカラフルな看板を掲げたお店が多数軒を連ねています。ゲームセンターやパチンコ店も、昭和の懐かしい機種を取り揃えていたりなど他では見ることの出来ない景色が広がっています。また、新世界のいたる所で「ビリケンさん」を拝見することもできます。

新世界付近のお店を探す

新世界へのアクセス

恵美須町・動物園前から徒歩5分、天王寺から徒歩15分。大阪を代表する街。

天神橋六丁目
地下鉄 堺筋線12
恵美須町
徒歩5
新世界

新世界ピックアップ情報

■通天閣

通天閣

通天閣と言えば大阪のシンボルであり、かつては朝の連続ドラマの舞台にもなり、新世界の中心部に建っている有名な観光名所になっているタワーです。5階にある展望台からは大阪を一望でき、幸運の神様であり足の裏を撫でると御利益があると言われている、ビリケンさんが飾られています。ビリケンさんは通天閣公認キャラクターとしてグッズも販売され、至る所で見ることができます。最近では周囲の飲食店を含む観光地化が進み、通天閣内にも新しいショップがオープンするなどリニューアルされています。

■串かつ

串かつ

串かつと言えば観光情報誌にも掲載されるくらい大阪名物となった食べ物です。もともと浪速区新世界周辺に多くの店が建ち並び観光客で賑わっていますが、今では大阪の玄関口である新大阪駅でも食べることができるくらい、いろいろな所に出店しています。カウンターやテーブルにステンレス容器に入ったソースが置かれており、2度漬け禁止と書かれているのは有名な話です。もっと沢山のソースを付けたい場合には、付け合わせに出てくるキャベツですくって串カツにかけるという食べ方がお勧めのようです。

■ビリケン神社

ビリケン神社

新世界100周年を記念して2012年に誕生した、幸運の神様ビリケンさんを祀っているビリケン神社。新世界串カツ振興会によって建てられました。ビリケンさんの笑ったような顔に足を突き出して座る姿が有名です。もともとアメリカ生まれのビリケンさんは幸福の神様として世界的に広まり、大阪にやってきました。通天閣の展望台の木像ビリケンさんとは違い、ブロンズで造られています。こちらも通天閣同様、足の裏を撫でると御利益があると言われています。

■ジャンジャン横丁

通天閣へと続く商店街、ジャンジャン横丁。レトロな下町の雰囲気が、観光客から人気を集めています。リーズナブルでおいしいお店が軒を連ねています。串カツやお好み焼きが代表的。喫茶店ならミックスジュースが有名です。

■天王寺動物園

天王寺動物園は地下鉄「動物園前」より徒歩約5分、地下鉄「恵美須町」より徒歩約5分。入園料は一般(高校生以上)500円、小・中学生は200円と、とっても安いです。コアラやホッキョクグマもいて、敷地も広く充実しています。ご家族で楽しめる定番スポット。

■大阪市立美術館

天王寺駅を出てすぐのところに建つ大阪市立美術館。昭和11年から続く歴史ある美術館です。駅近なのに静かで、落ち着いて鑑賞を楽しむことができます。デートスポットとしても有名です。展示はもちろんのこと、地下には美術研究所があります。

新世界近隣のナイトスポット

新世界付近のお店を探す

<< 大阪稼げるエリア特集に戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム