風俗おしごとコラム指名が取れる風俗嬢のヘアメイクとは?ポイントと注意点

指名が取れる風俗嬢のヘアメイクとは?ポイントと注意点

「風俗嬢のヘアメイク」と聞くと、逆毛を立ててハードスプレーで固めまくって、つけまつ毛やアイラインで目元を強調……キャバ嬢のようなキラキラでケバケバの”THE 特盛・特厚・小悪魔風”(笑)を連想される方もいるのではないでしょうか。が、実際のところ、そのような風俗嬢はあまり見かけません。

風俗嬢に大切なのは「清潔感」や「身だしなみ」、そして「女性らしさ」です。決して、ゴージャスに飾り立てる必要はありません。お客様によって好みが異なるため、基本的にヘアメイクの特別な決まりやルールはなく、自分に似合っていればOK。気合いを入れ過ぎない、年齢相応のヘアメイクを心がけましょう。ただし、「パネル写真と全然違う!」なんてことにならないように、それとかけ離れない雰囲気を保つよう気を付けなくてはいけませんね。

メイクのポイント

お仕事中は汗をかいたり、お風呂やシャワーでお湯がかかってしまうことがあるので、アイライナーやマスカラなどのアイメイクはウォータープルーフのものがオススメ。また、照明によってメイクを変えましょう。暗い部屋では、少し濃いめの方が良いかもしれません。
一日に何度もお風呂やシャワーを浴びて、肌荒れや乾燥肌を招きやすいため、しっかり肌ケアも重要です。スキンケアは必須!肌への負担が少ないスッピンに近いメイクが理想です。

コラム「風俗嬢が美肌を保つためにすべき対策」も参考に☆ >>

ヘア(髪型)のポイント

巻き髪など丁寧にセットしても、お仕事ですぐに崩れてしまいます。ブラシでとかせば次のお仕事に行けるくらいの、単純なスタイルがベター。「シャンプーの匂いがふんわりとする」のが好きな男性が多いようです。においにもこだわると良いですよ。また、プリンはだらしなく見えます。小まめなカラーリングやリタッチを心がけましょう。

ちなみに、大阪風俗求人センターで求人をご紹介してている店舗のなかには、待機室にドレッサーが完備されており、ドライヤーやストレートアイロン、コテなどが自由に使えるというお店も多くあります。また、専属のプロヘアメイクアーティストによって、空いている時間にそれぞれに合ったメイクやヘアメイクなどもアドバイスしてもらえる、なんてところもあるので気になる女性はお問い合わせ時や面接の際に確認してみましょう。(文:春野さくら)

記事投稿日:2015.08.08

<< 風俗おしごとコラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム