リアkira☆女子コラム風俗店の面接で採用を勝ち取るためにあなたが行うべきこと5つ

風俗店の面接で採用を勝ち取るためにあなたが行うべきこと5つ

今このコラムを覗いている女性の大半は「お仕事を探している途中」でしょうか?今回はズバリ【面接の秘訣】についてのお話をさせていただきます。風俗の面接で落とされた経験のある方は必見です!面接でどういった印象で対応すれば受かりやすいか、どんな所を見られているかを挙げていきましょう。

面接の心得

まず、みなさんは風俗の面接にどういった印象をお持ちでしょうか?不安や疑問はもちろんたくさんあると思います。お金も必要ですもんね!ですが…お給料の話などあなたの興味ばかりに目が行っていませんか?風俗というお仕事は“顔が悪くなければ誰でも受かる”なんて思っていませんか?もしそんなイメージをお持ちならいますぐ頭を切り替えましょう。「風俗は最上級の接客業」であるという認識を持ちましょう。

面接に受かりやすくなる秘訣5

身なりを整える

風俗の面接で見られるポイントは「この子はお客様ウケするだろうか?(セックス対象として見れるか)」というところが最も重要です。どんなに綺麗な顔立ちでも、清潔感に著しく欠けている女性ではお仕事になりません。まずは最低限の清潔感を大事に、スカートを着用して女性らしさを演出しましょう。また、お店のサイトに載っている女の子の写真を参考に、お店のイメージに合った服装やメイクであることが最適です。
面接合格後にすぐ体験入店を希望されている方は、下着もきちんと上下揃った物を着用して行きましょう。ブラとパンツが明らかに揃っていないと「手抜き」と感じる男性が大半です。体験時から好印象を与えるためにも頭から足の先まで気を配りましょう。

態度・口調に気をつける

面接応募の際の電話では、丁寧に応対しましょう。お店の方も1人の人間です。あなたが横柄な態度で話していれば面接当日も「そういう子が来る」と思われ、身構えられてしまいます。場合によっては電話の時点で断られるかもしれません。
面接当日も同様です。あなたはこれから「お仕事を始めよう」としているのです。面接官に対してすら最低限の敬語も使えないと、お客様にも同じ態度をとると思われてしまいます。そんなスタッフをお店は雇うでしょうか?
風俗と言えどあくまでも「お仕事」です。むしろ女の子のサービスを売り物としているこのお仕事は「最上級の接客業」とも言えるでしょう。お店の売り上げに直接繋がるあなたの態度は面接の前から見られていますよ。

時間を守る

面接を約束した時間は必ず守りましょう。遅れそうな場合は焦らず、まず面接担当に電話をしましょう。また、約束の時間を過ぎてから起床してしまった…などといった場合にも必ず連絡を入れましょう。大阪風俗求人センターではそういった場合でも再度面接に応じておりますので、せっかくのチャンスを諦めてしまわず誠実に対応しましょう。

嘘はつかない

風俗店は様々な法律による制限があります。年齢はもちろんのこと、入店の際にはあなたの身分を確実に証明できるものを確認できない場合は働かせてはいけないのです。女の子の虚偽の申告によりお店が摘発されるケースは多数報道されていますよね?そうなってしまってはあなた自身が困るだけでなく、ご家族にも連絡がいってしまいます。
最悪の事態を避けるためにも、必要最低限の事はお店のスタッフに正直に申告しましょう。大阪風俗求人センターでも個人情報やプライバシーの保護には十二分に気を遣っているので、安心してご応募・ご相談ください!

意志を持つ

風俗店の中には悪質なお店もまだまだ多数存在しております。面接に向かうまでにしっかりとWebサイトを見たり、電話やメールでスタッフに出来る限り聞きだし正確な情報を得ましょう。その上であなたの希望もしっかりと伝え、お給料や入店祝い金などの情報は「どこに書かれていたか、誰が言っていたか」をきちんとチェックし、“◯◯円貰える!って言ってたのにくれなかった”と泣き寝入りすることにならないようにしましょう。
また、性感エステオナクラといった脱がなくてもいいお仕事を選んだのに入ってみたらヘルスだった!騙された!なんてお話もよく伺いますので、おかしいと思ったその時に怖がらずに言い出しましょう。

せっかく勇気を出して風俗のお仕事をするわけですから、自分自身をしっかりと守りながら最良の状態で稼ぎましょうね♪(文:春野さくら)

<< リアkira☆女子コラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム