リアkira☆女子コラムこの夏は焼けない女になる!!風俗嬢の天敵「日焼け」の仕組みと対策

この夏は焼けない女になる!!風俗嬢の天敵「日焼け」の仕組みと対策

夏といえば、海にキャンプにとアウトドアな遊びが満載!それでなくても、ちょっとそこまでお買い物でも女性には気になる天敵がいますよね?そう、紫外線…。どんなに気をつけても焼けてしまうこの季節、みんなはどうやって日焼け対策してますか?まずは日焼けについて学んでいきましょう。

日焼けメカニズム

日焼けになるとシミができるますが、その原因はメラニンです。メラニンは人体に含まれている色素の一種であり、外部から混入するものでなく人体の中にある細胞が作り出しているのです。その細胞はメラノサイトという名称です。紫外線を浴びて、メラノサイトに届くことによってメラニンが生成されてしまいます。現代では紫外線よりUVという言葉が一般的になっていますが、両方とも同じ意味です。

どうして日焼けをするの?

紫外線は太陽光に含まれる数種類の光線の中でも特に強いものです。紫外線を照射されるとシミの原因である日焼けをしますが、これは人体が紫外線から肌を守ることを目的に行っている防御活動なのです。日焼けをして表面を黒くすることによって、細胞が紫外線により破壊されることを軽減しているのですね。
メラノサイトの防御活動が活発になってしまうと、今はただの日焼けであっても潜在的なシミになってしまいます。そのため、その防御活動の頻度を調節することが女性にとっては大切になります。特に夏は日焼け止めをしっかり塗ってから外出しないと、すぐにメラニンが肌を黒色に変化させてしまいます。

シミとそばかすの違い

シミ・そばかすの女性

そばかすとシミは非常に似ており、科学的にも両者の生成サイクルはほぼ同一です。両方とも色素の沈着によるものですが、そばかすとシミは厳密には異なり、そばかすは遺伝の要素が強いのです。白人の場合はそうでないこともありますが、日本人は遺伝が大きな原因であると言われています。そのため、予防をしても完全に発生を抑える事は難しいのですが、日焼けをした場所に化粧水を丹念に塗り込むことによって、ある程度の抑制を行うことができます。
もともとの大きさはシミに比べて小さく、米粒程度のものが多いのですが、紫外線を受けたまま放置していると拡大する傾向があります。シミもそばかすも原因は紫外線であるため、それらが発生しやすい場所を丹念にケアする事が重要です。

日焼け・シミ・そばかす対策

一連のケアを確実に行っておけば、シミとそばかすは最小限に留めることができるはずです。

日焼け止め

一般的にリキッドタイプの日焼け止めは薄く伸ばして使うように書かれているのですが、より強固に守りたいのであれば伸ばすのではなく「しっかり抑えこむように」塗りましょう。伸ばすように塗ってしまうとどうしてもムラが出来てしまうため、日焼けにもムラができてしまいます。顔は「おでこ・鼻筋・両頬・顎」と美容液やリキッドファンデと同じように、数箇所に分けて硬貨大の日焼け止めを乗せて指で軽く広げながら抑え込みます。特に目の周辺などの皮膚の薄い部分は念入りに塗りこみましょう。

帰宅したらすぐ洗顔

洗顔する女性

日焼け止めはその性質上油分の多いものが多いので、帰宅後も長時間肌をカバーし続けるのはお肌によくありません。メイクと一緒に早めに自然体に戻してあげましょう。

アフターケア

化粧水でアフターケア

洗顔後は化粧水をしっかりと塗り込んで、保水クリームも欠かしてはいけません。いくら日焼け止めをしていたとはいえ100%紫外線を防げるものではありません。多少なりとも焼けてしまった肌の気づかない火照りを冷ますため、化粧水は念入りにつけましょう。あとは顔パックや保湿液など普段のアフターケアを行えば万全です。

肌のUV対策だけでは不十分!?

日焼け対策グッズ

実は近年、肌に浴びるUVを防ぐだけでは不十分であるとの実験結果がでています。肌以外に重要な部分…それは「」です。
実験ではマウス2体の片方は全体に紫外線を浴びせ、もう1体には目だけに紫外線を浴びせたところ、どちらもメラニンの生成量が変わらなかったというのです!つまり目から紫外線を取り入れてしまうだけでも勝手にシミやそばかすができてしまうのです。
これを防ぐためにも、日焼け止めや日傘などのUV対策に加えて、外出時には必ず「サングラス」を常備しましょう。さらに、できるだけ色が薄くてもUVカットをしてくれるサングラスを選ぶのが◎!色が濃すぎるものは瞳孔が開き、目が余分に光を取り入れようとしてしまうため逆効果なのだとか…。(文:春野さくら)

<< リアkira☆女子コラムTOPへ戻る

関連するカテゴリ

関連するコラム