LoveWorkおしごと用語集お茶を挽く(おちゃをひく)

お茶挽き

お客様がまったくつかない(稼げない)こと。坊主と同じ意味で使われます。

昔は抹茶を作る時はお茶の葉を一から挽いていたため、非常に時間と手間のかかる作業でした。ですので、暇のある人の役割だったことが非常に多く、特に芸者や遊女などの間で広く使われるようになった隠語です。

風俗業界では最低保証制度などを設けて、風俗嬢のお店離れを抑制しているお店も多いですが、それらを適用するには長時間シフトを組まなければいけなかったりといった厳しい制約を設けているお店がほとんどです。また、ホテヘルや店舗型といったお客様から出向いていただかなければならないお店に関しては、天候などにも左右されお茶を挽いてしまうことが稀に起こりますので、そういった点も踏まえたお店選びが肝心です。

関連する用語

五十音で探す