LoveWorkおしごと用語集カントン包茎(かんとんほうけい)

包茎の一種。
包皮を剥離させた際に包皮の入り口が狭く、陰茎を締め付けてしまう状態のこと。
主に、亀頭部分が包皮に覆われた状態から無理に剥離させた際に、亀頭根本部分で包皮が元の位置に戻らなくなり炎症を起こすことが多いと言われています。カントン包茎の場合、無理に亀頭を露出した状態にしておくと血管やリンパ管が締め付けられて循環障害を起こし、包皮が腫れた時には激しい痛みを伴うことがあります。

カントン包茎のお客様についたとき、炎症や悪臭の兆しが見られた場合にはコンドームを使用してのサービスに切り替えましょう。これはお客様の男性器を護るためである旨をきちんと伝えましょう。

五十音で探す