LoveWorkおしごと用語集妊娠線(にんしんせん)

妊娠線

臨月が近い妊婦の腹部に出来る亀裂のこと。
イメージとしては「手指にできるひび割れのようなもの」といった感じですが、厳密には皮膚の下にある真皮や皮下組織がひび割れるものです。

人間の肌は意外に丈夫で、一番表面の皮膚はかなり伸縮性に富んでいます。ですがその下の真皮や皮下組織は伸びにくいため弾性繊維という組織に亀裂が生じることによって起こるのです。皮膚線状や線状皮膚萎縮とも呼びます。急激に太った時にも起こるものなので、実は男女問わずできるものでもあります。主に赤紫のひび割れ状にでき、時間の経過と共に白くなり目立たなくなります。 お腹だけでなく太ももやお尻にもできることがあります。予防には十分に乾燥を防ぐことと体重増加に気をつけることが肝心だと言われています。それでもできてしまった場合は、美容外科などでの治療が人気です。

風俗店でも、人妻店や相応の年齢層を集めたお店では酷くない限り採用される可能性が十分にあります。

関連する用語

五十音で探す